プリウス 買取

ハリアーの売却、しっかり調べて高価買取

SUV車と聞いて、まず思い出すのはトヨタのハリアーではないでしょうか。

近年では、ハイブリッドカーなどのエコカーやミニバンの様に大人数乗れるように、車内の空間を最大限生かした構造の車などに人気が集まっていましたが、SUVであるハリアーの人気は変わりません。

ハリアーは、高級感を兼ね備えたSUVとして売り出され、その名の通り、街中を走る車としても人気があります。この様に人気のある車種なので、中古車として売却する場合もSUVの中では比較的高値で取引されています。

しかし、中古車買取の際の査定のポイントとしては、車種の他に人気の色と言うのもあります。ハリアーの場合、黒が人気があります。その他、高級感を感じさせる大き目のサンルーフなども人気があり、買取価格に影響を与えます。

そして、査定をする買取業者の方の印象をよくするものとして、走行距離や定期点検などのメンテナンスの頻度があります。沢山走った車でも、しっかりと整備されていることが重要で、大事に乗っているのだという好印象を与えます。

その他、車体の傷やよごれ、光沢の有無などがあり、車内の清掃なども大きなチェックポイントで、車内のにおいなども 重要です。

純正部品なども重要で、万が一車検に通らないような装備をしているのであるなら、査定をお願いする前にすぐに購入時の純正装備に交換しておくと良いでしょう。洋服買取もついでに全部ここでやってもらうのもいいですよ!

いくら人気の車であっても、大事に扱われていない車の査定額はなかなか高額にならないのが現状です。日ごろからのメンテナンスをしっかりすることが、高価買取につながる近道でしょう。

マイカー売却で代車を借りる!買取後のフォローについて

車を売却する人たちの状況はそれぞれです。

例えば、仕事でも使用している人とか、毎日の買い物に利用している人とか、土日のみ利用している人などです。

この様に、生活に密着した車だからこそ、愛車を売却する際に悩むのが、売却後、次の車が納品されるまでどうすればよいか、と言うことです。人気の車を次のマイカーとして購入した場合、もしかしたら数ヶ月先の納品と言うこともあるかもしれません。

そういった場合のアフターフォローとして、代車を一定期間無料で貸し出してくれると言うサービスがあります。

全ての買取業者、またはディーラーなどで行われているサービスではありませんが、大抵のお店がこういったサービスを実施しています。この、代車サービスを利用するにあたり、担当者にどのタイミングで申し出ればよいのかと言うと、一括査定などで、ご自身の希望に沿った業者に打診すると良いでしょう。

あまり遅くなりすぎても、その期間内に代車が出払ってしまい借りることが出来ないなどと言うこともあります。タイミングを逃さないようにしっかりと要望を伝えましょう。

また、次の車を新車にする場合など、購入予定のディーラーで代車をお願いすると言うのもひとつの方法です。

各々の状況によって、代車を借りる期間が異なると思うので、特に長期間借りる可能性がある場合は、早めに担当者に伝えておくと良いでしょう。この様なフォローを利用し、今まで乗ってきた車を売却し、新しい車を購入することが出来るのです。

車の売却に影響あるの?車のボディーコーティングとその種類

車のボディーコーティングとはどういったものでしょうか?

一般的に、車の表面に被膜を作り、汚れから守って、艶を出します。ワックスとの違いは、成分が違うのでその耐久性が高いです。ボディーコーティングにはいろいろな種類があります。

ポリマーコーティング、フッ素系コーティング、ガラス系コーティング、ガラスコーティングなどです。

ポリマーコーティングは比較的安価で、フッ素系コーティングはポリマーよりもコーティング効果が若干長いことが挙げられます。しかし、ポリマーとフッ素系はガラスもしくはガラス系に比べて柔らかいコーティングなので傷がつきやすいと言う点があります。

そして、ガラス系コーティングとガラスコーティングの違いは、ガラス系は成分が混ざった状態で被膜を作り、ガラスコーティングは成分を塗った後に化学結合をし、ガラス被膜を作ります。ガラスコーティングが最も長時間効果が続き、傷がつきにくいと言われています。

では、これらの作業を施した車を売却する場合、高値で買取されるのでしょうか。

車の査定は外観だけではありませんので、その他のチェックポイント(走行距離や定期点検の有無、内装や装備品など)も高価買取につながるようであるなら、ボディーコーティングで車を綺麗に保っていることはプラス査定となる場合があります。車の査定の前には洗車をしたほうが良いと言う説があるくらいなので、車体の艶を出し、綺麗な状態を保った車体はポイントが高いのではないでしょうか。

また、業者に頼むと料金がかかるので、ご自身で一日時間を作り、ボディーコーティングの作業をしてみるのも良いのではないでしょうか。

カーナビ付の車、買取額に影響あるの?売るときの注意点とは

最近の車に大抵装備されているものとして、カーナビがあります。

そのカーナビを装備したまま車を売却した場合、買取価格にどのくらい差が出るのでしょうか。カーナビにもいろいろな種類があるので一概に結論を述べることは出来ませんが、最新式のモデルや純正のカーナビは、比較的プラス査定をされる場合が多いです。

しかし、古いモデルのカーナビは査定ポイントに含まれないことがほとんどですので、今まで使用していて問題がないようでしたら、次の車に乗せかえるというのもひとつの方法でしょう。

カーナビを付けたまま査定に出す場合は、注意すべき点としてご自宅や今まで訪問した先の記録などを消しておくと良いでしょう。本来なら中古車買取業者の方が情報を消すことがほとんどですが、万が一情報の消し忘れがあった場合、見知らぬ次のオーナーがご自宅などの情報を確認してしまうのです。この点は気をつけて売却をすると良いでしょう。

また、カーナビを付けて査定をしない場合も、売却予定の車からカーナビを取り外さなければならないので、業者に頼めば工賃がかかる点などを把握しておくと良いでしょう。

カーナビの種類も色々あり、ダッシュボードの上に設置するオンダッシュのタイプと、すっきりと収納されているインダッシュのタイプと、ポータブルタイプなどがあります。ポータブルタイプは取り外しが比較的簡単に出来るものが多いです。これらのことを念頭に置き、ご自身がお持ちのカーナビの市場価格と買取業者での査定額の差を調べ、比較検討をすると良いでしょう。

私有地に放置された迷惑車!その対処法を考える

世の中、理不尽なことは沢山あると思います。その中のひとつとして、私有地に勝手に車を放置していくケースがあります。

車が綺麗で乗れる状態にあるものなら、迷惑であることに変わりはありませんが、取りに来る可能性はありますが、車体はボロボロに錆び付き、ナンバープレートは取られ、ドアにロックがかかっていないような場合は、捨てられた可能性が高いでしょう。

しかし、いくら迷惑だからと言っていきなり廃棄処分にしてしまうと、万が一所有者が現れた場合に損害賠償等の請求がなされる場合があるので、注意が必要です。

では、どの様に対処すればよいのでしょうか。まずは警察に届けます。その後、警察で放置車の所有者を調べてもらい、所有者が分かった場合と所有者が不明な場合によって対処の仕方が変わってきますので、警察に所有者が分かったかを確認すると良いでしょう。

所有者が分かった場合でも、所在地が不明だったり、連絡が取れない場合があります。そういった場合でも、簡易裁判所に所在不明の相手に対して「妨害排除請求訴訟」及び「損害賠償請求訴訟」を行い、判決後処分することが出来ます。

所有者が分からない場合は、、「民法239条無主物の帰属」として放置車を置かれていた土地の所有者に車の所有権が移り、放置された車を撤去廃棄処分とすることができます。

しかし、これらの手続きを取ったからと言って、絶対にトラブルに巻き込まれないとはいえません。放置車をする背景には色々なパターンがあるため、絶対に問題がないとは言い切れないのです。なので、弁護士への無料相談などを利用して、法に則って放置車への対処を慎重に進めていくと良いでしょう。

輸入車のプラスとマイナス、どちらも踏まえて売却しよう

輸入車と聞くと、どの様なイメージがわくでしょうか。プラスイメージとしては、国産車にないプレミア感だったり、安定した走行やボディが頑丈だということでしょうか。マイナスイメージとしては、国産車と比べて高額であったり、故障しやすいイメージがあり、維持費がかかるなどがあります。

全てイメージなので、実際にオーナーになってみてはじめて分かる良さや悪い点があるとは思います。しかし、これらの一般的なイメージを元に、所持している輸入車を売却する場合、何をアピールポイントとして買取会社に査定を依頼するかと言うことでは重要でしょう。

査定に大事なことは、事故車かどうかと言うことや実際に付いている傷などの他、しっかりと定期的に検査をしているかということが重要となります。

走行距離などを重要視する場合もありますが、いくら走行距離が短くても定期的な検査を怠っている場合は、状態の悪い車と判断されてしまいます。

この他にもチェックポイントは沢山ありますが、個人で気をつけることが出来る点を把握し、日ごろから気をつけていると高価買取につながると思います。

これらの基本的な査定ポイントを押さえた上で、輸入車としてアピールする点は、プラスイメージとして挙げられるプレミア感に更にしたオプション機能や、レザーシートやスライディングルーフなど高級感をアップさせる内装外装が大きなプラスポイントとなります。

また、輸入車のマイナスポイントと考えられる故障が多く感じられる点も、近年ではだいぶ解消されているように感じます。

輸入車の高い人気とともに、品質の向上と修理時のアフターケアがしっかりしているからでしょう。輸入車のプラスイメージとマイナスイメージをそれぞれ理解し、かつ更に良く見える点やマイナスをカバーする点を把握しておくと、納得のいく売却取引が出来るのではないでしょうか。

自動車の売却、手続きを簡単に解説!

自動車を売却する場合、まず中古車販売会社を検索することから始めます。その際、一社だけに決めるのではなく、複数の会社に一括して査定を申し込むと良いでしょう。その上で、ご自身の希望にあった会社を決めたら、アポイントを取り、実際に自動車を見て査定をしてもらいます。

その際、少しでも車に対してよい印象を持ってもらう様に、ボディは洗車を、車内は掃除機をかけたり拭き掃除などをして綺麗に保っておくのが良いでしょう。高額の査定になるよう、車を大事に乗っていることを示すことは大事です。

その他、来店までに車の現状をしっかりと把握しておくことも大事です。アピールポイントとなる点を理解しておくことは重要で、例えば、皮シートであることとか、アクセサリーは最新のものが搭載されているなどです。それに伴い、車検に通らないようなものは外して、購入時に装備してあった純正品を取り付けておくこともおすすめします。

あとは、書類を揃えておくことも大事です。査定時に必要な書類は、車検証と自賠責保険証書 です。

そして、査定が終わり、内容に納得し、購入を決めた段階で必要になる書類が、車検証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書 、自動車納税証明書(有効期限をご確認ください) 、実印、リサイクル券などです。軽自動車の場合は、実印ではなく、認印でも可能であるなど、多少違いがありますので、必要な書類の枚数や有効期限などの注意点をしっかりと確認しておく必要があります。

また、車購入時から住所の変更があった場合は、住民票が必要で、複数回転居があった場合は戸籍の附票または住民票の除票が必要となります。結婚などで姓が変わった場合は戸籍謄本を用意しなければなりません。

そして、店舗で記入する書類として、普通車は委任状や譲渡証明書、軽自動車は自動車検査証記入申請書があります。

最も重要なこととして、車の買取額を受領することです。現金でその場で支払われる場合もありますが、大抵が振り込みというケースが多いです。こちらも、来店前に担当の方に確認をしておくと良いでしょう。これらの手続きを経て、車の売却が完了します。

特定商取引法の一部法改正、自動車の買取は対象から除外?

2012年の秋に、特定商取引法の一部改正に伴い、中古車の買取システムを見直さなければならないという動きがありました。

しかし、実際は自動車を始め、大型家電やCD、DVD、書籍や有価証券などは、一部改正の対象外となりました。

その法改正の内容とは、買取業者が出張査定の際に買取ることを勧誘できないや、売買契約が結ばれた後も、8日間のクーリングオフ制度が有効で、かつその期間中は物件を手元に置くことができるのです。

その他にも細かい決まりはいくつかありましたが、何よりも出張査定の時に買取ができなくなると言うと、中古車買取業者のビジネススタイルを変えなければならないと、問題視されていました。

勿論、中古車買取に関しては、消費者センターへの相談が多かったため、悪質業者から消費者を守ると言う意味ではとても有効だったのでしょう。しかし、法改正施行を前にして、前述のようにいくつかの物品が対象外となりました。

自動車に関しては、中古車の売買は、買取後にオークションをして進めていくため、クーリングオフ期間中の業務が困難となるため、自動車を法改正の対象から外したと言われています。押し売りならぬ、押し買いは、非常に深刻な問題である為、法改正の対象外となりましたが、しっかりと管理監督してほしいと思います。

ご自身の愛車が不当な扱いを受けない為にも、売却を決めたら、信頼のおける会社を複数選び、同時に査定をしてもらうと、安心して取引ができると思います。

ベンツを高く売却しよう!買取査定前に気をつけたいこと

メルセデスベンツを高く買取してもらうために、何か注意すべき点はあるのでしょうか。

どの車でもそうでしょうが、売却前に気をつけることというと、車の価格は走行距離に左右される場合が多いので、売却を決めたら早めに複数の会社に査定をお願いするのが良いでしょう。

勿論、時期やタイミングによっては、下取りに出す方が良い場合もあります。買取と下取り、両方を視野に入れて価格を調べておくと良いでしょう。

しかし、走行距離だけではなく、しっかりと整備されているかと言うことも大事なポイントとなります。特にディーラーでの定期的な点検などは高く評価されるので、車を購入後は、信頼のおけるところで、定期的に検査をすると良いでしょう。

その他、洗車をして車を美しく見せることや、車内の清掃やにおいを消すことなども印象を良くします。そして、内装や外装を変更している場合は、購入時の状態に戻しておくと良いでしょう。

また、メルセデスベンツの場合、色やオプション機能によって査定額が高くなることもあります。特に、オプション機能は、高級車メルセデスベンツとしての存在感をより強調するのでしょう。レザーシートやスライディングルーフは勿論ですが、夜間の走行時に赤外線で人体を感知するナイトビューアシストや、前方車との間隔を一定のものに保つディストロニックなどの機能があると、査定額が変わる可能性が高いです。

その他、車種や年式などによっても買取価格が変わってきます。色も、奇をてらった色よりも白や黒などの基本となる色が人気があります。

車買取の時期と車種!タイミングを逃さないために知っておきたいこと

車売却の時期はいつが良いのでしょうか。一年間の中で、高値で買取が行われる可能性があるのは、決算時期である3月や9月、そしてボーナス時期でしょう。

しかし、その時期まで売却時期を延ばさなければならないと言うわけではありません。いくら決算期まで待って査定をしても、その分車の年式が古くなったり、走行距離が伸びたり、傷が増えてしまっては意味がありません。

そう考えると、車を売ろうと思ったときが、その時期なのでしょう。

また、よく言われることで車検前の売却がありますが、査定の為にわざわざ車検を通すのでは、費用がかかってしまい、いくら高価買取となってもその差額分は埋まらないことがほとんどです。なので、車検は通さずに、今現在の車検前に売却をするのが望ましいでしょう。

そして、どの車種でもモデルチェンジが行われた後は旧モデルの車の買取価格は下がってしまうので、しっかりとリサーチをしてモデルチェンジ前に売却するのが良いでしょう。

また、車種によって売却しやすい時期があります。夏のオープンカーやオフロード車、春のコンパクトカーや軽自動車などです。

車の買取価格は日々変動しているので、売却したいと思ったら、まずは複数の買取会社から見積もりを出してもらい、しっかりとリサーチをしておくと良いでしょう。

その際、ご自身の車のアピールポイントとなるオプション機能やカーアクセサリーの性能の良さなどをまとめて説明できるようにしておくと良いでしょう。必要となる書類をしっかりと手元に置いて査定してもらうと、印象も良く、高価買取につながる可能性が高いと思います。