必要書類をそろえて車の売却

必要書類をそろえて、トラブルなしの車売却!

今まで乗っていた愛車を売却したいと思ったとき、何をすればよいのでしょうか。はじめて車の売却をしようと考えた場合は勿論、はじめてではなくても、そうそう頻繁に車の売却に立ち会うことは少ないと思います。

まずは、車を中古車の買取をしている店舗で一括査定などをしてもらい、条件の合った店舗に問い合わせをすると良いでしょう。

しかし、店舗で車を査定してもらう前に、車の売却に必要な書類を揃えておくと話がスムーズに進みます。書類に不備があった場合、すぐに売却できなくなる場合があったり、思わぬ問題に巻き込まれる場合もあるので、必要書類はしっかりと揃え、目を通しておくのが良いです。

必要なものは、自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書 、自動車納税証明書、実印、 自動車リサイクル券、譲渡証明書、委任状(手続きなどを販売店などに委任する為)です。

住所の変更があった場合は、住民票が必要となります。そして、住所が2回以上変わっている場合は、住民票と戸籍の附票または住民票の除票を用意する必要があります。また、結婚などで姓が変わっている場合は、戸籍謄本を用意しましょう。

軽自動車は、自動車検査証、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書、認印、自動車リサイクル券、自動車検査証記入申請書となります。

それぞれの書類には有効期限などがあるので、しっかりと確認を取るとよいでしょう。

その他、取扱説明書や純正部品などがある場合は、しっかりと保管をし持っていくと査定の時に有利となる場合があるので、確認すると良いでしょう。トラブルなく愛車の売買をする為に、出来るだけ車の現状を把握して、正確に伝えると良いと思います。