自動車リサイクル料金とは何か

自動車リサイクル料金って何?車を売る際に注意しておきたいこと

自動車リサイクル料金とは何でしょうか。正しくは、リサイクル預託金と言い、廃車するとき、車をリサイクルする時に必要なお金です。

自動車リサイクル料金は、車の最後の持ち主が廃車にする時に必要となります。

そして、車を売却した場合は、自分が購入時に払った自動車リサイクル料金が戻ってくる仕組みとなっています。なので、車をすぐに廃車にせずに売却することをおすすめします。

そして、売却する中古車店によっては、買取価格に含まれる場合と、別に返金される場合があるので、売却予定の店舗に確認をして、ご自身でしっかりと把握しておくと良いでしょう。車種やエアバックなどの数、エアコンが付いているかどうかによって料金が変わってきます。

そして、自動車リサイクル料金はどの様に使われてきているのかというと、自動車リサイクル法に則って車を安全に処分したり、出来るだけ沢山の部分をリサイクルに回すために使用しています。ボディやエンジンのように資源として利用される場合や、粉砕したくずなど新しくリサイクルされる場合があります。そして、そのリサイクル率は99パーセントと言われています。

この様に、資源を無駄にしない為に廃車処分となった車をリサイクルする為の料金として、自動車リサイクル料金が使われています。その他、有害な物質を無害に変えたりと、地球に優しく処分する為にも使用されています。

自動車リサイクル料金がどの様に利用されているかを理解していると、車の売買や処分をする時にも納得がいくものとなると思います。