車を売却するときETC車載器をどうするか

車売却の悩み!ETC車載器って外すべき?そのまま売却するべき?

ETCは、現在では多くの車が利用しており、その数と同じだけ、ETCを利用する為に必要なETC車載器とETCカードを所持しています。

では、ETC車載器を取り付けたまま車を売却した場合はどうなるのでしょうか。

情報を抱えたETC車載器を取り付けたままでは不安だと言う人もいるかもしれません。しかし、中古車売買の実情としては、ETC車載器を取り付けたまま車の売買をすることがほとんどなのです。

その理由として、ETC車載器を取り付けた車を中古車として購入した時、新たな所有者は、ETC車載器の再セットアップをしなければならないからです。もし、何らかの事情で再セットアップをせずにETCを利用した場合、情報を正確に登録していなければ、正常にETCを利用できなかったり、正確な請求ができないと言うことが起こる可能性が高いのです。

セットアップの目的は、車を特定して、ETCシステムを利用した時の正確な料金を提示することなのです。

そして、ETCのセットアップは、セットアップに必要な情報を、セットアップ店と情報発行元(ORSE)の間でやりとりをし、不正利用を防ぎ、セキュリティーを強化させる為に暗号化された情報をETC車載器に登録して、はじめて利用できるのです。

また、ETC車載器には、車両情報を登録するだけで、個人情報を登録することはなく、個人を特定する情報は入力しません。

この様に、中古車売買の際のETC車載器に対する処理方法などを考えると、車載器を外す手間を考えると、そのまま取り付けた状態で売却するという選択もありなのかもしれません。