定期点検と定期点検記録簿と愛車の関係

定期点検と定期点検記録簿と愛車の査定額の関係

あなたの愛車を売却するときの査定額アップに貢献するポイントってどこですか?状態の良さ、走行距離、色、年式、装備など色々ありますよね。でも、忘れているもの本当にありませんか。

定期点検記録簿はご存知ですか?これは、24ヵ月点検や12ヵ月点検などの法定点検を行った際に、その内容を記録する為の用紙のことです。この定期点検整備記録簿をチェックすることで、過去の点検整備の記録を知ることができたり、さらにそこからオイルやエレメント、エアフィルターなどの消耗部品の交換時期を判断することができるのです。

車買い取り業者は、この定期点検記録簿を利用し、車買い取り時の見積もり査定をする際の資料として、現在の車の状態を把握すると言う訳です。車の整備記録のほか、ユーザーのお手入れ度合いが解るこの点検記録簿は買い取り業者にとっては重宝する資料となること間違いなしです。それとともに、ユーザー側にとってもチャンスがあります。これを利用し査定額をアップできる可能性があるのです。これを使わない手はありませんね!

もう一つ、装備として取り付けてある色々な製品、例えばナビゲーションシステムやオーディオシステムなどの取扱説明書の有無も、査定額に大きく影響します。社外製なら尚更です。査定額がマイナスになるようなケースでも取扱説明書があることでプラス査定になることも珍しくありません。どこかに保管して、そのまま無くしてしまうことが無いように、しっかり保管して査定アップの材料として使ってみて下さい。

一見、愛車の査定アップに関係ないような点検記録簿と取扱説明書。実は、使い方によっては査定額アップに大きな力を与える存在となるユーザー側の武器です。うまく使って、愛車の高額査定を勝ち取りましょう!